採用活動での適性検査

就職と適性検査

就職活動をしたことがあるという人なら、だれしも一度くらいは適性検査と呼ばれるテストを受けたことがあるでしょう。

適性検査とは、企業によってさまざまな呼び方・内容で行われているテストの一種ですが、一般的には検査対象となる人物の性格や能力などを知るために行われるというものが多いです。

採用活動の中で行われる適性検査には、用途がある程度決まっているものがあって、たとえば採用活動の初期で、大勢の受験者をふるい落とさなければならない場合に行われるもの、ある程度受験者が絞り込まれた段階で、面接の質問などのネタとして使えるような内容を盛り込んだもの、あるいは個々が持っている潜在能力を知り、どういった配属先に配属するのが良いのかを判断するために行われるものなどなど…といった具合です。

そのため、企業が採用活動で適性検査を行う場合には、その用途に応じて適性検査の内容をよく絞り込んで行う必要があります。

 

適性検査で判断されるもの

適性検査を行われる受験者側にしてみると、ただのペーパーテスト(最近は適性検査もWeb回答形式のものもありますが)で、一人一人の個性や能力を判断するなんて納得がいかない!という人もいるかもしれません。

確かに、学生時代に受けた数学や国語などのテストの場合は、答えはたった一つであることがほとんどでしたが、適性検査では正しい回答というのはありません。

一般常識や基礎学力を問うような適性検査の場合は正しい回答はありますが、性格や能力などを判定する適性検査の場合は正直に答えた回答がその人の「人となり」を表すことになるからです。

そのため、何か一点に優れていたり劣っていたりという結果が出ても、それがその企業にとって必要な人材となるのかどうかはまた別の話ということになります。

受験者の中には、自分が合格したい企業のことをとにかく熱心に研究して、その企業の風土に合わせた人物像に自分がなりきる…という人もいるようですが、自分の素がそのまま出てしまう適性検査で、狙った通りの結果を出すのは容易なことではありません。

 

身近に行われる適性検査

私たちが日常社会生活を送っていく中で、試験や検査というものを受ける機会というのは案外多いものです。

幼稚園児や小学生でも、学力試験や入学のための適性試験を受けることがありますし、中学、高校、大学と進学する際には入学試験が行われます。

入試など大きな試験以外にも、学力検査や知能テストなどを学校で受けた経験は誰しも一度くらいはあるでしょう。

また大人になってからも、試験や検査は数多く、入社するための採用試験・適性検査にはじまり、配属部署の決定や昇進などの審査のために職業適性検査や資格試験などを受けることもあります。

実に私たちの生活のなかで試験や検査はとても身近に行われている存在なのです。

 

特殊な適性検査

適性検査の多くは、ペーパーテストやWebテストなど、基本的に座ったままで解答ができるスタイルのものですが、ごく一部、実技や口頭試問などを含む適性検査というものがあります。

音楽大学や音楽科を受験するときに行われる音楽能力検査などは、実際に楽器を演奏したり、耳で音を聞いて解答したりしなければなりませんし、運動能力検査ならば、机に向かうのではなく課題によって身体を動かすことにより、その能力をチェックしてもらわなければなりません。

運動能力検査などは、案外多くの場面で活用されていて、たとえば運転免許を取得する際の適性検査の中にも、運動能力検査がひとつの項目として含まれていたりします。

運転免許試験場などで行われる運動能力検査は、運動能力検査の中でも特に簡単なものに属し、運転をするのに差支えがないかどうかだけをチェックします。

腕を上げたりおろしたりする、グーチョキパーをしてみる、片足とびをしてみる…といった動作を行い、障害などがないかを確認します。体育大学などの入学試験でも運動能力をはかるテストは行われますが、体育大学の入学試験の場合はより専門性が高くなるため、運動能力検査というよりは、体育実技試験と呼ばれることが多いです。

体育実技試験の内容は、学校によって異なり、短距離走や反復横跳び、上体起こしなどが課題として出されるようです。