シュリンク包装とは

シュリンク包装について詳しく知ろう

フィルムを被せて収縮させる包装方法

上記動画を見て頂ければわかるようにシュリンク包装機を使えば商品のパッケージや郵送の際の梱包まで簡単にシュリンク包装が可能です。

シュリンク包装というのは、薄いフィルムを対象物に被せて、熱を加えて収縮させて包み込む包装方法です。フィルムは高温になると縮む性質のものを用います。シュリンク包装を施すときには、専用の機械を使用するのが一般的です。用途によって大きな機械を使うこともあれば、机の上に置けるくらいの小さな機械を使うこともあります。

商品パッケージを作る際にシュリンク包装がよく用いられますが、大量に行わなければなりません。そのため、工場などで大きな機械を使用して行うことが多いです。ベルトコンベアに対象物を載せて、トンネルのようになっている箇所を通り過ぎるときに熱が加えられ。商品パッケージが出来上がります。商品パッケージでも生鮮食品や弁当、惣菜などの場合には、販売する店舗でシュリンク包装を行うことが多いです。比較的小さめで手動で操作して使う機械を使用します。小型のシュリンク包装機であれば、個人商店などでも使っている例が多いです。

参照:シュリンク包装機の日本ソリューションテクノロジー

http://pack.solution.co.jp/tornado/index.htm

 

身の回りでシュリンク包装の例がかなり多く見つかる

シュリンク包装という言葉自体はあまり聞き慣れなくても、シュリンク包装の例は身の回りでかなり多く見られます。例えば、スーパーの店頭に陳列されている調味料のパッケージを見てみましょう。薄いフィルムに包まれているかと思います。清涼飲料水のラベルなども、シュリンク包装機を使ってペットボトルに巻いています。同じ商品が複数セットになっている場合にも、薄いフィルムで包んでまとめられていることが多いでしょう。こうして見てみると、シュリンク包装は非常に身近なものだと実感できます。

コンビニや書店などで漫画本にビニールが被せられていることがよくあるでしょう。立ち読みや本が汚れるのを防止する目的で被せているビニールですが、これもシュリンク包装機を使って取り付けています。漫画本のビニールは印刷会社の方で被せているものではなく、各店舗でシュリンク包装機を使って被せているものです。店舗によってビニールを被せていないところもあります。