適性検査の種類

適性検査を行う意味

企業の採用活動などで多く使われている適性検査。

就職活動をしたことがある人なら一度くらいは受けたことがあるでしょう。

適性検査を行う意味は企業によってさまざまですが、実は「適性検査」とひとことで言っても、その内容は用途に合わせてそれぞれことなります。

たとえば、大勢の受験者の中から、求める人物像に近い人物を選び抜き、当てはまらない人物をふるい落とすために行われる適性検査というものがあります。
このような場合、使用する適性検査の種類は企業によって違いますが、昔から多くの企業で使われていたSPI(現代ではそのバージョンによってSPI2、SPI3などがある)は、バランスのとれた適性検査として定評があります。
特にSPI2は現代多く行われている適性検査で、測定したい能力部分に応じ、性格検査と基礎能力・実務基礎能力・事務能力のそれぞれの分野を組み合わせたなかから最適なものを使うことができます。

検査の実施方法も、従来のペーパーテスト形式だけでなく、受験者自らがWebを使って受験するWebテスティングサービス、指定の会場でパソコンを使用して受験するインハウスCBTサービスやテストセンターサービスといったやり方があるので、大勢の受験者がいる場合でもスピーディーに実施することができるというメリットがあります。

もちろん、大勢の受験者の中から、条件を満たさない人をふるい落とすためにも使いやすい検査であるといえるでしょう。

 

ストレス耐性をチェックするテスト

また、ある程度採用の方向が見えてきた段階で、職場のどこに配属するか、とういった働きが期待できるか?という点を判断するためには、適性検査の中でも特に職業適性やストレス耐性、行動特性などを診断できる種類のものを選ぶ必要があります。

特にストレスの多い職場への配属を検討している場合は、ストレス耐性の高い人物を採用することで早期離職などを防ぐ効果が期待できます。

SPIでも職場適応性やストレス耐性などはチェックすることはできますが、自社採点方式で手軽に実施できる株式会社ダイヤモンド社のDPIやDISTなども高い評価を得ています。