適性検査の役割

いろいろな適性検査

採用時の試験などで使われる適性検査。

SPI2やDPI、V-CAT、CUBICなどさまざまな製品がありますが、ほとんどの場合適性検査の結果は返却されないため、自分がどのような結果を出して、それが採用の合否にどう影響したのかを知ることはできません。

適性検査の内容は幅広く、性格の特徴を診断するパーソナリティテストや、知能因子を測定する知能テスト、学問領域の知識や技能のレベルをチェックする学力テストなどがあります。

学力テストの場合は、ある程度勉強をすることで得点を上げ、評価を上げることができますが、個人の能力や性格を問うパーソナリティテストや性格テストとなると、勉強することで評価を上げることは難しいといわれています。

 

適性検査で合否は決まらない

どうしても入社したい企業の採用試験で、とにかく高評価を得たいがために、自身の性格を偽って適性検査に臨むという人がいます。
有名企業の場合などは、その企業だけに特化した就職試験対策のマニュアル本なども多く出版されているので、やり方によってはその企業が必要とする人材に「なりすます」ことができるかもしれません。

しかし、実際には適性検査の性格診断で、望み通りの結果を出すというのは非常に難しいものであるようです。
というのも、性格診断では同じような質問を、少しずつ変えて出題しているため、本来の自分の考え方と違う考え方で答えようとすると、どうしても矛盾が出てきてしまうのです。

また、もし望み通りの結果を出すことができたとしても、果たして企業がその通りの人材を望んでいるかはわかりません。

適性検査の結果で望み通りの人材という評価が出たとしても、面接などで評価が変わってしまうことも往々にしてあり得るからです。
では結局のところ適性検査には何の役割があるのか?ということになります。

あくまでも適性検査は参考資料にすぎません。
もちろん、学力テストなどで高い得点を取ることは採用時に大きなプラスとなりますが、適性検査の結果だけですべての合否が決定することはありえないのです。