誰もが描く独立の夢

いつかは自分の会社を

今現在、サラリーマンやOLとして働いている方にとって独立という言葉は縁遠いものですか?

それともいずれは会社を辞めて何事かを起こしたいと願っていますか?

現職に必ずしも満足していなくても、お給料取りの生活は生きていくうえで安定した収入が得られますから捨てがたいものかもしれません。

でも、今に満足せずいずれは会社を辞めて独立を目指す方にとっては、起業という言葉は魅力的かもしれませんね。

冷静に考えれば企業という看板がはずれた自分に自信がないと独立という行動には移れないものです。

夢を夢として終わらせないために、何を準備すべきか考えてみませんか?

何から始めるか

二足のわらじを履いていて会社からの収入以外にも何かしらの副業を持ち、今後はそれ一本で食べて行ける目論見がある、師匠の元で修業中だったけれどもその元を離れて商売を持つ目途がついた等の事情があるならば、独立という人生の転機も意外にその垣根は低いことでしょう。

そうでない人にとって、現職からの自立は難しい面が多々あります。

雇われない生き方や働き方を目指す人にとって何から始めるかはそれぞれ異なるもの。

自分ひとりでいきなり始めることにためらいを持つなら、フランチャイズを利用することを考えてみてはいかがでしょう。

この際、視野は広く持つべきです。