職業適性検査

結果がわからない適性検査

新卒で採用試験を受ける学生さんなどは、適性検査と呼ばれるテストを受けたことがあると思います。

適性検査はさまざまな種類があり、一般常識や基礎的な学力を問う学力検査的なものもあれば、個人の性格などを診断する性格テストや心理テストのようなものもあります。

また、その人がどういった能力に優れ、どのような職種に向いているのかなどを診断する能力テストや職業適性検査のようなものを受ける場合もあるでしょう。

採用試験で行われる各種の適性検査は、模擬試験などとは違って、ほとんどの場合は返却されません。

したがって受験者には自分が受けた検査・テストの結果はわからないままということになります。

学力テストなどはある程度自分でも出来・不出来の手ごたえを感じることはできるかと思いますが、性格診断や職業適性検査のようなものはたくさんの問題に回答しなければなりませんし、最終的にどのような結果が出たのかというのは自分でもなかなかわからない場合が多いです。

 

適性検査で自己分析

そこでオススメしたいのが、一度自分でしっかりと適性検査を受けてみる、というものです。

就職活動に力を入れている学生さんなどは、そんなこととっくにやっているという人も多いかもしれませんが、適性検査にまともに取り組んだことがないという人は、ぜひ一度しっかりと試験を受けて、結果を見直すという作業をしてみましょう。

特に、性格検査や職業適性検査などは、普段なかなか客観的に見ることができない自分の姿を冷静に映し出してくれる鏡として、案外役に立つものです。
また、新卒で就職活動をする人だけでなく、転職希望の人も適性検査にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

自ら適性検査を受ける場合には、ほとんどが有料での受験となりますが、自分が適している進路を見つける指針が得られるのであれば、有効な投資といえるのではないでしょうか。

多くの適性検査を製作しているリクルート社の適性検査にR-CAPと呼ばれる職業適性検査があります。

R-CAPは主に新卒学生向けの検査ですが、R-CAPfor Businessは社会人向けの職業適性検査として再編成されています。