居抜きオフィスはこんな企業におすすめ

設備が古くても気にならないという人にオススメ

見た目にこだわらない企業のオフィス居抜き物件のメリットは、なんといっても初期費用が安く済むという点です。

ベンチャー企業の起業時などは予算が厳しいことも多いでしょう。居抜きオフィスなら入居時の内装工事費や設備投資費がかなり削減できます。とにかく初期費用を安く抑えたいという企業にとって居抜きオフィスとはもってこいの物件なのです。

また、移転や入居にかかる手間や期間を少なく済ませたい場合にも居抜きオフィスが向いています。ある程度の設備が残されたままの居抜き物件では、新たな設備を購入したり、工事をしたりという手間がかかりません。

居抜きの店舗の場合は、業態によって設備がかなり変わることが予想できますが、賃貸オフィスを一般的な事務所として使う場合には、設備は似たようなものになることが多いです。

センスの良い居抜きオフィス

設備の見た目や古さなどにこだわらないのであれば、居抜きオフィス物件の賃貸は良いことづくめと言えるでしょう。

ただし都内の人気ビジネスエリアなどは、居抜きオフィス物件が出るとすぐに次の入居希望者が物件チェックに訪れます。そのため、運良く条件の良い居抜きオフィスを見つけたら、すぐに管理会社に電話してその物件をキープしてしまうことをオススメします。

築年数の古い物件などは居抜き物件といっても古い設備を残しているだけだったり、内装などにかなり年季が入ってしまっている場合もあります。しかしそれでも新しい設備を導入したり内装工事を行うよりははるかに安い費用でオフィスを手に入れることができます。

設備の古さや新品へのこだわりがない企業なら、リーズナブルに利用できる居抜きオフィスは実にオススメの物件です。物件の状態によっては、残された設備や内装にちょっと手を加えるだけで満足のいく賃貸オフィスに近づけることもできます。

そのほか、居抜きオフィスの場合は自分では思ってもみなかったオフィスレイアウトになっている物件もあります。センスの良い居抜きオフィスにめぐり合うことができれば、あれこれ悩まずに楽にオフィスレイアウトを作ることができるでしょう。