居抜きオフィスのメリット

時間もお金も節約でいる居抜きオフィス

居抜きオフィスの利用でコストカット

居抜きオフィス、あるいは店舗を利用するメリットとはどのようなものでしょうか。

やはり一番は「設備をそのまま利用できる」という点でしょう。これは結局、初期費用を安く抑えたり、入居してすぐに業務を開始できるというメリットにつながります。

もちろん、居抜き物件の設備は物件によってさまざまなので、中には「これは使わない」というものが残されている居抜き物件もあります。特に店舗の場合は、業種によって必要なものとそうでないものの差が大きいです。

通常、何もないオフィス物件や店舗物件に入居する場合、入居者は業務に必要な設備を自ら用意しなければなりません。オフィスであれば、机やいすはもちろん、ロッカーや書棚などなど…。店舗の場合は、キッチン設備やテーブル、いす、ショーケースなどの什器などが考えられます。

また、壁紙やカーペットを張り替えたり間仕切りを設置するなどの工事も必要になってきます。新しく物を準備するための資金はもちろんですが、準備や工事が入るための時間も必要になります。

ところが、居抜き物件を利用すればこれらの手間や時間、お金を大幅に短縮できるのです。

退去側にもメリットがある

オシャレな内装の居抜きオフィスや店舗を利用する場合には、特にアイディアを出さなくてもそのままセンスの良い物件を利用することができる場合もあるので、かなりお得であるといえるでしょう。

ちなみに、居抜きオフィスのメリットは、新たに入居する側にあるだけではありません。退去する側にとってもメリットがあります。

通常ならオフィスや店舗として利用していた物件を退去する場合は、原状回復の義務を果たさなければなりません。まっさらな状態で借りた物件であれば、退去するときにも同じようにまっさらな状態にする必要があります。

ところが、あらかじめ居抜きオフィス・店舗として物件を引き継ぐことが決まれば、退去者側は面倒でお金もかかる原状回復工事をせずにさらりと退去できるのです。