居抜きオフィスのデメリット

お得なことばかりではない居抜きオフィス

前入居者の影響が強い居抜きオフィス

居抜きオフィスの利用は、設備工事費などの初期費用が大幅にコストダウンできることが魅力です。オフィスを開設したいけれど予算が少なくて初期費用は極力抑えたい場合や、入居してすぐに業務を開始したいという場合には、居抜きオフィスのメリットは非常に大きいです。

しかし、メリットもあればデメリットもあるのが現実です。居抜きオフィスには、次のようなデメリットがあります。

居抜きオフィスのデメリットのまずひとつが前入居者のセンスがそのまま物件に反映されている、という点です。一般的な事務所物件などの場合はある程度決まりきったレイアウトとなってしまうことが多いのですが、それでも業務内容によってレイアウトや設備の内容は異なります。

居抜き物件を内見する際は、作業動線を厳重にチェックし、いざオフィスを使い始めたときに「使いにくい!」とならないことをシミュレーションしておく必要があります。

居抜き物件を内見しないで契約するという人はいないと思いますが、レイアウトはもちろん、内装なども良くチェックしておかないと、センスが合わないオフィスをそのまま使わなければならない…ということにもなりかねません。管理会社によっては追加内装工事を認めていないというところもあるので、注意が必要です。

損することもある居抜きオフィス

それから、もうひとつのデメリットが、オフィスや備品の老朽化です。居抜き物件で備品が古くなっていると、結局新しい備品を入れ替えなければならなくなります。こちらもやはり契約前までにしっかりと確認し、必要であれば工事を終わらせておいてもらったり、新しい備品に付け替えておいてもらうなどの手配をする必要があります。

備品のリース契約などもしっかり確認しておきましょう。

そして最後に、前入居者の退去理由なども考慮する必要があります。円満に退去した後の居抜き物件であれば良いのですが、管理会社や他のテナントなどとのトラブルが原因で退去した場合は注意が必要です。残された備品と一緒に悪いイメージがついていることも考えられるからです。