居抜きオフィスでコストカット

居抜きオフィスの特徴とメリットは?

これまで居抜きと言えば、美容院・理容院・飲食店などが中心でしたが、近年は傾向が変わり、居抜きオフィスが急増してきました。

とくに首都圏には良質な居抜きオフィスの物件が集中しており、空室率が非常に低くなっています。

居抜きオフィスでは、テナントがすでに退去していて、家具や設備などが室内に残された状態で新たに入居したテナントが引き続き使用することができます。

また、貸主が会議室などの費用の一部を負担してくれるところもあります。

通常、新たに事務所やお店を構えるには借主側が業務に必要な備品を揃え、内装を整えるのが一般的ですが、居抜きオフィスではあらかじめ準備が整っているため、そのような手間が省けるのです。

居抜きオフィスは、入居から事業開始までの時間と手間を短縮させることができます。

また、事業を始めるまでにかかるコストを大幅にカットできる、これが大きなメリットです。

コスト面以外の重要なチェックポイントとは?

コストを大幅に節減するには居抜きオフィスが最適ですが、実際にどの程度の費用が減らせるのでしょうか。

これはあくまでも一例ですが、内装工事にかかる費用が通常740万円のところ、居抜きオフィスに入居する場合は、約200万円にまで抑えられたという事例があります。

居抜きオフィスに入居すると、退去時にかかる費用も大幅に抑えることが可能です。

現状を回復させるためにかかる工事費用が約400万円のところを4分の1に相当する約100万円に抑えられたという事例もあります。

実際にどの程度コストダウンできるのか、それは物件の規模や内装・備品の状態などによっても格差が生じます。

不動産会社によっては、居抜きオフィス物件専門の業者もありますので、必要に応じて相談してみてはいかがでしょうか。

居抜きオフィスの物件を選ぶ時にコスト面を最重視する人もいます。

しかし、それだけではなく交通アクセスの良さや立地条件、周辺に競合する企業や事業所がないかどうか、さまざまな観点からニーズに見合う物件を選ぶことが肝心です。