フランチャイズについて

フランチャイズとは?

フランチャイズとは、フランチャイズビジネス、またはフランチャイズチェーンと呼ばれることもあり、事業展開の手段のひとつとして知られています。

フランチャイズという言葉を聞いたことがなくても、コンビニや居酒屋、レストランなど、全国各地、または一部のエリアで展開されている店舗の多くは、フランチャイズによる経営です。

今や学習塾やクリーニング、清掃業などに至るまで、フランチャイズ化の時代と言われていますね。

現在、日本国内には、約23万店ものフランチャイズ店が存在しているとも言われていますが、今後はさらに増えていく見込みです。

フランチャイズの加盟店

フランチャイズとは、本来、アメリカで発祥した事業の経営方法であり、わたしたちがよく知っているコンビニは、典型的なフランチャイズですね。

フランチャイズ事業は、事業本部と加盟店との関係によって成り立つものであり、加盟店として経営するには、事業資金が必要となります。

フランチャイズを運営する事業者本部のことをフランチャイザーと呼び、その加盟店は事業を行う権利を与えられ、フランチャイジーと呼びます。

近年は、とくにフランチャイズで起業する人が増えており、フランチャイザーの知名度が高い企業に、とくに人気が集中する傾向にあります。